美容対策方法はいくつかありますが、最も簡単な美容方法と言えばやはり適度な運動なのではないでしょうか?
確かにエステや家庭用美容グッズなどを利用することで美しさを手に入れることは出来ますがまずは運動から始めてみましょう。 今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。
静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。

 

最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。 美容の悩みの中には、自分自身の努力では改善することの出来ない症状もあるものです。
無駄な努力というワケではありませんが、確実に安全な美容を求めているのでしたら美容整形をオススメします。



静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:11月26日

わしの中ではついこの間入学式を迎えたはず息子のが、
あっという間に小学6年生になった。

息子の成長を見ていると月日の経つのは
本当にあっという間である。

きのうの事である。
息子が突然言った。
「今日、廊下を歩いていて、ガラスに写った自分を見たら…
まわりの友人に比べてすごく身長が小さくてびっくりした」

正直、
「今ようやく気付いたのか」とわしも思ったが、
こういう問題はデリケートだ。
思っただけで口にするのを止めた。

息子に言われなくてもよく分かっていた。
卒業式も迫った3月の鼓笛隊の移杖式の日に
わしも感じてきたからだ。

10分の1の競争率という厳しいテストに苦労してパスし、
ようやく手に入れた小太鼓の座。

音楽音痴の息子が、
枕元にステッキを置いて、
寝る間も惜しんで、一生懸命練習して合格した小太鼓の担当。

息子がどれだけの思いで
小太鼓になったか知っていた旦那は、
午前中有給を取って式に出かけた。

式の内容はさておき…
驚いたのは息子達の成長ぶり。

1年生から見てきた息子のクラスメイト達がみんな大人になっている!
からだはもちろん、表情まで…

息子より小さかったはずのAくんも同じ位だったBくんも
み〜んな息子を追い抜き!しっかり成長している。
それに比べて我が家の息子ときたら…

この日、新品のビデオ持参で出かけたが、
旦那のビデオに息子の顔がはっきり写っているものは
1つも無かった。

身長の高い子たちに埋もれた息子はあまりに小さく…
ビデオに写る事が出来なかったのである。


このページの先頭へ戻る